落下試験

危険物性能試験
【 説明 】
サンプルを一定の高さ(0.8〜1.8m)から落下させ、落下後の状態を確認する試験です。輸送する危険品や包装により、落下高さ及び回数は異なります。